仙女 1.9

女子プロレスをよくYouTubeで見る

その延長で生観戦するようになった。

いまだにプロレスの事はよく判らないのだが面白いと思ってる。

YouTubeもなかなか良いのだが、生観戦は夢中になって観ることができるので気に入っている。

 

お気に入りの団体「仙女」(センダイガールプロレスリング)がある。

仙台を拠点とした女子プロ団体なのだが、今回東京に興行で来るというので

新宿フェイスまで観に行った。

 

始めの選手顔合わせは間に合わなかったが第一試合には間に合った。

 

第一試合、岡優里佳VS梅崎遥 じゃじゃ馬トーナメント決勝

岡優里佳、仙女2年目の新人。強い、逞しい、かわいい

梅崎遥、もうすぐ3年になる新人。元アイドル可愛い、気が強い、強い

仙女が開催する「じゃじゃ馬トーナメント」という新人トーナメントの決勝

実力は拮抗してるが、岡選手が勝つと予想

実物はすごく栄える衣装の梅崎と2ブロックでもかわいい岡、全体的には岡が有利に動いていたと思うのだが、後半失踪した岡を梅崎が捉えた形で、梅崎が勝利

梅崎がマイクで涙ながら喋るのを聞いて感動。おめでとう

 

第二試合、旧姓広田さくらVS松本浩代

旧姓広田さくら、キャリア20年位のベテラン。リングネームどうりコミカルなレスラーで、美人で、2児の母でもある。

松本浩代、実力は折り紙付きのベテランレスラー。ともかく強い

まず青コーナー広田の入場後マイクから始まる事が多いのだが、今回松本はコミカルに付き合えるのだろうか?というのが試合のテーマらしい

広田は徹底的にコミカルで攻めるので、勝敗よりも広田の対戦相手がどこまで付き合うかを見る不思議な試合になる。

今回松本はだいぶ付き合った。正確には広田と観客にやらされたというのが正しい。ちなみに勝者は松本

 

第三試合、橋本千紘VS門倉凛

橋本千紘、仙女のエース。アマレスで実績を残しプロレスへ。僅かプロ1年で仙女のトップになる逸材。全身ものすごい筋肉で覆われている

門倉凛、マーベラス所属の中堅で美人レスラー。顔に似合わず気性が激しい一面も

普通に戦っても橋本千紘には勝てないのは判る。どこまで門倉凛が食いつけるかが見どころだと思う。

序盤で出鼻をくじこうとする門倉だが橋本千紘に飲み込まれるようスタートする

実力が開いているのは明白だった。橋本が自分を少し抑えて何とか試合が成立するそんな流れだった。勝者はもちろん橋本

 

第四試合、愛海 稲葉ともかVS久令愛 カノン

愛海、仙女の中堅。元気が良く「ポー」と叫ぶのが特徴、強い、上手い

稲葉ともか、空手を使うレスラー。頑張ってます

久令愛、PUREーJ所属。あまり知らない選手だがなかなか面白い子だった。

カノン、仙女の新人一年生。通称「スーパー中学生」身体能力が高い

愛海は仙女で唯一コミカル的な事をする選手だ。真剣勝負色の強い仙女で唯一微笑ましく試合を見せれる選手かもしれない。(この子も強いんだけどね)

タッグマッチだったのだが、仙女の2人が凄すぎて(特に運動量)稲葉、久令はついてくのが大変だったろう。仙女って本当に凄いんだなと感じた。勝者は愛海

 

セミファイナル、DASH・チサコVS朱崇花

DASH・チサコ、仙女の女番長、ベテランだが実力は女子プロトップクラス。小柄だがとても気が強くて熱い選手。

朱崇花、ジェンダーレスラー(元男)性格は悪い。でもプロレスは一流で現在の女子プロのリングに上がりまくっている。凄く強い

この試合DASH・チサコが普通に勝つと予想していたのだが、凄い試合になった。

序盤はDASH・チサコ有利に展開したが朱崇花の攻撃が効いて、中盤終盤は朱崇花ペースで試合は進んだ最後は僅かな差でチサコが勝利した。

俺はおかまも朱崇花も嫌いだけど、朱崇花って良い選手なんだね。感心した

 

メインイベント、岩田美香VS赤井沙希

岩田美香、仙女の人気者で美人な中堅。負けん気が強く気性が激しい、蹴りが得意

赤井沙希DDT所属の元モデルの美女レスラー。ビックリするぐらい背が高くスリムな美人、男子と戦うことも多い本気のレスラー

正直このカードが観たくてチケットを買ったようなものだ。

赤井沙希は他団体の女子プロと絡むことが少ないので貴重な試合

去年の仙女のリングでタッグだが2人が対決して赤井が勝ったのが因縁の始まり、岩田が前回の雪辱を晴らせるだろうか?

赤井去年より痩せたのかな?長い手足が今日も栄えてまるでナナフシだ。見た目は力が無さそうだが蹴りの威力は凄いんだろうな、スパンスパン音を立ててた。

岩田も負けじと蹴りの応酬に、関節の応酬と試合は盛り上がってきた。最後は岩田の雷音が炸裂して岩田美香の勝利

 

仙女は熱いなと思わせる興行でした。